2011年12月29日

ひとり福井へ・・・

皆さん、こんばんは。





年末はお祭り気分で浮かれる時期でもありますが・・・訃報が多い時期でもありますね。


大先輩たちの親御さんが亡くなられたりで お香典やお花をおくる機会が増えています



大先輩たちは私の親とも近い年齢ですから
その親御さんともなれば・・・それなりのお年です

長生きされた訳だし、誰もが来る順番ですから仕方の無いことだと思えます。









私より5つ年下の社員Tくん
2008年に私と同い年だったお姉様が急に天へと旅立ちました・・・・・・・




家族葬をと言う強いご意志があり、、、
お焼香は遠慮し、お花とお香典をおくらせて頂きました。







この知らせを受けて
直ぐに会社から顧客先現場のご担当者には1週間ほどのお休みを調整しました




若い娘を親である自分たちより、ずっと早く亡くされたご両親の心中を思うと・・・

想像を超える悲しみを察することが出来たから何を置いてもTくんには
お父さんとお母さんの傍についていてもらいたかったんです。





このTくんは真面目も真面目!大真面目!!!


職人気質と言えばいいのか、超生真面目な性格です。
一度、やり遂げると決めたらコツコツ・・・コツコツ・・・ とにかくコツコツ・・・

決して諦めない子です。



一度や二度負けても「執念で勝ってやるぞ!」
ってコツコツを何べんも何べんも最後まで貫く今時、珍しいタイプの青年でしたがく〜(落胆した顔)






そんなTくんがうちに入社したのは今から5年前の28歳頃でした。

若くして就職のために福井にある実家を出て・・・
大阪でうちの会社と同じ事業を展開する大手企業でエンジニアをしていたのです。



契約社員ではなく、
正社員として精一杯自分の力を発揮し続けられる同業種の会社を探している様子でした。



私は彼の話を最後まで聞く前に採用を決断してました・・・経験と勘ってやつです

















ちょっと私の用事で・・・・・・・・
22日(金)から26日(月)に営業会議を変更してもらっており、
その早朝に行う営業会議でTくんのお父様が亡くなったと報告を受けたのです。





花や弔電の手配は全て済んでいると管理部から報告を受けホッと一安心するも、
つかの間・・・社長としてご焼香に行くべきじゃ〜ないかと






実は・・・・・・
お姉さんが旅立った時に福井に居る彼から一通の手紙が届いていたのです



そこには

これからの人生 これまで以上に真剣に・・・ 丁寧に・・・

力いっぱいお姉さんの分まで生きると誓いのようなものが書かれていました

そして、今回、会社に迷惑を掛けた分、一生懸命働き恩返しをすると・・・



そんな事が綴られていました






どんなに休めと言っても結局、3日で顧客先現場に復帰して働き始めたTくん


何でも「現場作業が一番大事な時だからと・・・」


頑なまでに責任感の強い子です


無口で頑固な職人気質なタイプで心から信頼の置くことの出来る大切な社員の一人です








当時、彼から届いた手紙に私は返事が書けないままでした・・・・・・・・・











頭の中で何度も文章を並べるも・・・・・・・ 

どれもこれも軽々しい言葉ばかりで返事なんて書けませんでした 


何度も文章を書くも続きが書けなかった













この時は社長として

本当に情けなかったし・・・ 申し訳ないことをしてしまったと・・・・・・・・



Tくんには、その日以来、ずっと負い目があった私なんです








あれから、まだ3年しか経っていないと言うのに今度はお父様が天に旅立って行ったのです

この訃報を聞いた時は本当に耳を疑ったし、本当に本当に胸が痛かったです



お父様と喪主を務めるTくんの一度しかない大事な葬儀に向かう道中は・・・
そんな過去から続く幾つもの気持ちが重なった複雑な心境の私が居ました





葬儀に参列すると決断したものの、15分で出発しないと間に合わない時間でした。

我ながら凄かった!!!
タクシー会社の所長さんをしている友人に電話をして自宅へ車の手配をしてもらい
大慌てで会社を出てタクシーをつかまえ自宅に戻り数珠やら喪服などの荷物を一気に
まとめてマンションの車寄せに停められているタクシーに飛び乗り、羽田空港へ



年末で渋滞していましたがタクシー会社の所長さんのGOもあり、
運転手さんも、かなりビュンビュンと駆け抜けて下さいました車(RV)ダッシュ(走り出すさま) ダッシュ(走り出すさま) ダッシュ(走り出すさま)


「お金の支払いは請求書回しにするから、そのまま航空会社のカウンターに走れよ!」

って間に合うか気を揉んで所長さんから、お電話をもらったり・・・・・・・





周囲の支えを借りることで、
下奇跡的にと言ってもいいほど通夜に間に合う飛行機に乗れた私です飛行機
DSCN7788.jpg




いつも、こうして誰かに助かられてきた私・・・

こんな風に人の優しさに触れた時 胸がいっぱいになり 鼻先と目頭が熱くなる 







本当に困っている時こそ、力になってくれる人間は少ないものです


金も名誉も健康も職も・・・ これから先の人生の道しるべも・・・

何もかも失ってしまって酷く苦しんだ時期が今から10年前のテロがあった日頃から
しばらく続いた私です






ここから復活を遂げられたのも

世間から、あり得ないほどの協力をしてもらったことに尽きます


1円の特にもならないと言うのに
色んなひとたちから、手を差し伸べてもらい助けて頂き 今は本当に幸せです

生きていて良かった! 生きていられて良かった!


この時に自分ひとりの力なんかで生きているのではなくHello 

物質的に見えるもの  見えないも 

そうした色んなものに支えられて生かされていると確信したことを覚えています


そう分かった日から、その気持ちを忘れぬように生きているつもりです





そんな温かな人たちのお陰で笑顔や健康、そして生きる勇気を徐々に取り戻し・・・・・

そもそもゴキブリのような生命力を持つ私が完全復活して更に強くなったんです顔(イヒヒ)








この時から私は困った人と出会ったら自分に出来る事は同じように何でもさせて頂こうと
行動するこができるようになりました




たまには酷い目に遭うこともありますが、、、

そんなリスクを考えるよりも小さなことでも誰かの役に立てたと思えた時のほうが
ずっと楽しいし、それに気持ちが良いから、恐らく一生続けていくと思いますぴかぴか(新しい)



















おっとと。

話がウルトラ明後日の方向に・・・・・・・・・

















下小松空港を降りてJR小松駅へ
DSCN7792.jpg























下サンダーバードと言う面白い名前の列車に乗ってセレモニーホールのある芦原温泉へ電車
DSCN7798.jpg



















下前回の金沢よりもずっと寒かとですふらふら
DSCN7799.jpg DSCN7805.jpg


















下加賀温泉って福井だったんだな〜なんて・・・顔(ペロッ)
DSCN7813.jpg






















下そして目的地の芦原温泉に到着
DSCN7819.jpg
少し早く着いたから今夜の宿を自分で探す事に手(グー)
実のところは好きなところへ泊まりたかったとも言う顔(ペロッ)


JR芦原温泉駅内にある案内所で どうせだからと・・・・・

1予算は2万円ちょこっとで、

2お部屋でお食食を頂けて

3とにかく食事の美味しいホテルではなく温泉宿に泊まりたいとお願いしました






一度、荷物を置いてしまいたし、着替えもあるしとチェックインすることに。
下宿の方が迎えに来てくれました車(セダン)
DSCN7824.jpg










寒さが違いますHello

骨の芯まで凍るような寒さですふらふら


下大粒の霰です
DSCN7826.jpg





















下走ること10分で「芦原宿の八木さん」が見えてきました家
DSCN7828.jpg




















下館内です
DSCN7831.jpg DSCN7838.jpg
DSCN7842.jpg DSCN7839.jpg





















下庭園・・・・・パンフレットの写真と同じで嘘がなく美しく、ちょっと感動しました
DSCN7834.jpg






















薄着のまま来たので・・・
下ポカポカの暖かい部屋に入って冷え切った体を温めましたいい気分(温泉)
DSCN7844.jpg























下有難いな〜と。。。
DSCN7843.jpg
薄手のタイツから厚手のタイツに履き替えて ヒートテックを着て 喪服に着替えて

小松駅のコンビニで買った香典袋に心を込めて名前とお金を入れさせてもらいました。



お数珠を持って、18時40分に予約しておいたタクシーに乗ってホテルを後にしました



どんな言葉を掛けたらいいか???
色んなことをめぐらせながらの車中でした。








あっという間にTくんのお父さんを見送るセレモニーホールに到着してしまいました

真新しい建物で近代的でチャペルのようで、とても美しい場所でしたビルぴかぴか(新しい)


入り口にはTくんのお父さんの大きな写真が立て掛けられていました

よく似ていたから一目でお父さんだと分かりました





生前を知りませんが・・・

Tくんの物静かで真面目な性格はお父さん譲りなのだと伝わってきました


きっと偉大なお父さんだったのだと思います。


お写真の前でしたが・・・・・
生きている人に出会った時と同じように丁寧にお辞儀を自然とする私が居ました

















会場を入ると最前列にTくんと、その隣ですすり泣くお母さんの後姿が見えました

お経を聞きながら・・・

どんな言葉を掛けるといいのだろ〜なんて・・・

今、どんな心境でいるんだろうとか・・・






ここ最近、珍しく心のこもったお経をあげるお坊さんでした

こう言う場に出る事が多くなったのでそんな事まで嫌でも感じるようになってきました






そして久しぶりに胸の打たれる説法でした


Tくんのお父さんは自らの死でもって 命に限りがあるんだぞ〜!と教えてくれた

と話されてましたが・・・・・・


お父様の生前を想像すると、本当にそうだったんだと感じました。

















お母様もお母様のご姉妹やご親戚たち・・・

皆さん、私が伺ったことを心から喜んで下さいました





何でも・・・
Tくんは無口な子で東京で働いていることは知っていたけど

それ以上は語らなかったんだとか

だから、どこで働き、どんな暮らしをしているのかと心配してましたと言うお母様たち







彼は物静かですが
コツコツと何事も最後まで諦めずにやり遂げるタイプで皆から慕われています

どの、お客様からも評価が高いエンジニアなんです


そう私は事実をお伝えしました。










お母様は、もちろん
親戚中から・・・

こっちのことは田舎だから皆で支え合って何とかしますから一切心配はいりません

息子のことをどうか・・・どうかよろしくお願いします・・・

こっちに戻って来ても 仕事なんて何もありません


息子をよろしくお願いします

社長さんを見れて安心しました・・・ 




涙を流すTくんのお母さんから
時より欠ける事のある社長としての自覚を頂戴したような気がします












こちらに来て本当に良かったと・・・

後は会社をもっともっと大きくして皆を幸せにせんといかんな〜と・・・



将来、社員たちが親たちを負んぶに抱っこしても倒れないようにすることも重要任務です


社長と言うのは社員の人生そのものを預かっているのだから責任重大だな〜と改めて顔(なに〜)


来年からは、もっともっと厳しく(自分にも)行きたいと思います手(グー)


















そんな誓いを胸に秘めながら宿に戻りました

久しぶりに「これぞ!本物の良い温泉」というのに浸かりいい気分(温泉)
恐らく、この日は宿で一番遅い夕食を頂いた私ですあせあせ(飛び散る汗)モウシワケアリマセン










下蟹刺を想像をしてましたがボイルのみでしたバッド(下向き矢印)
DSCN7848.jpg















下まあ、刺身は新鮮で美味しかったですかねGood
DSCN7850.jpg
















下他にも小鉢やら・・・
DSCN7855.jpg DSCN7856.jpg









下前菜の盛り合わせやら味噌風味の豚しゃぶなんかが出されました
DSCN7871.jpg DSCN7858.jpg



















下テレビを観ながら夕食タイムでするんるん
DSCN7872.jpg
でも・・・何かが足りない それは小さな家族たちです

一日だって離れるのは寂しいと感じますもうやだ〜(悲しい顔)
















小さな家族たちに会える瞬間を考えたり・・・

翌日の大変な仕事を考えたり・・・

見た目はのんびりに見えたかもですが頭の中はグルグルでした顔(なに〜)







下最後に天ぷらと・・・
DSCN7873.jpg
















下蟹の茶わん蒸いい気分(温泉)
DSCN7876.jpg

















下キラキラの蟹釜飯ぴかぴか(新しい)
DSCN7880.jpg


















下お漬物とお吸い物で頂きました顔(メロメロ)
DSCN7879.jpg
















下仕上げは甘さ控えめの和風スイーツ
DSCN7882.jpg

















下綺麗なスイーツちゃん それでは頂きま〜すClap
DSCN7883.jpg


















翌朝はこれまた恐らく一番早い朝食をとった私だと思いますあせあせ(飛び散る汗)ゴメンナサイ

下ある程度の宿なら朝食だけはほぼ確実に美味しいですGood
DSCN7885.jpg


















下しかも朝から超豪華ですぴかぴか(新しい)
DSCN7886.jpg
昨夜の晩御飯も朝ごはんと同じような感じで良かったな〜と・・・顔(チラッ)←罰当たりもの顔(ぷんっ)


ダイアナ妃&父上へ


恐らく・・・ 確実に・・・ 

「あ〜あ そんなに食べちゃってあせあせ(飛び散る汗)

って呆れてることでしょう顔(イヒヒ)あせあせ(飛び散る汗)


まあ、流れなんでしょうがいないです手(パー)キッパリ




















下庭園を少し眺めて・・・・・・
DSCN7892.jpg

















下今後のTくんとお母さんのことを思いながら芦原を後にしましたHello
DSCN7894.jpg




















今回も私がどうしても立ち寄りたいと考えている渡辺米穀さんには立ち寄れなかったバッド(下向き矢印)

下自宅には渡辺米穀さんから
DSCN7909.jpg














下お菓子が届けられていたり
DSCN7910.jpg DSCN7911.jpg
















下毎年・・・
DSCN7912.jpg



























下私の大好きなお餅を送ってくれますプレゼント
DSCN7916.jpg


















下福井独特のもち米を使った色とりどりの綺麗なお餅ぴかぴか(新しい)
DSCN7914.jpg
















下日本一旨い米屋だけあって上質なもち米を使用した丸餅も美味しんです顔(メロメロ)
DSCN7915.jpg
お雑煮に入れて食べようと思います顔(メロメロ)

いつも真心のこもった贈り物をありがとうございます揺れるハート
来年もよろしくお願いいたします手(パー)






















そうそう。

クリスマスはクリアの実家に里帰りしてた私たち家族でした家ハートたち(複数ハート)

本当の親戚でもないのに何と!3日も連続で泊まってしまったし顔(ペロッ)


クリアの実家のママさんに送ったクリスマスプレゼントと同じものを自分にも送ってましたプレゼント
DSCN7901.jpg

















下可愛いクッキーです顔(メロメロ)
DSCN7902.jpg















下クリスマスバージョンのうさぎさん
DSCN7905.jpg

















下手が込んでいて本当に可愛いクッキーですハートたち(複数ハート)
DSCN7908.jpg



















下あんまり可愛いんでもう一点オーダー
DSCN7899.jpg



















下おまけにプチクッキーを付けて下さったようです揺れるハート
DSCN7900.jpg


下ご興味のある方は『オーダーメイドクッキー 絵本なお菓子sai*』をご覧くださいるんるん
http://ehon-na-okashi.shop-pro.jp/

















可愛いスイーツたちを贈り物にと見ていたらスイッチが入ってしまってひらめき

下そんなに得意でないスイーツをオーダーしてしまった私あせあせ(飛び散る汗)
DSCN7917.jpg


















下こっちも可愛いんです黒ハート
DSCN7918.jpg





















下冬にぴったんこのデザインのチョコたち・・・少しずつ頂きたいと思います揺れるハート
DSCN7919.jpg



今年のお正月は随分と予定が狂ってしまったので・・・
我が家で気の許せるご近所さんたちと一緒に手料理を作りのんびりと過ごすことにいい気分(温泉)




















そうそう!
クリアの実家のパパからショウカットの講習を受けた私美容院ぴかぴか(新しい)

不器用なんで(高倉 健さん風)・・・・・・・

吹き出す寸前を何度も堪えたそうです顔(チラッ)


思いっきり笑ってもらったほうが緊張が解けたのに顔(ペロッ)


















下それにしてもカットで驚くほど変わるもんですぴかぴか(新しい)クマぴかぴか(新しい)
o0800060011700478348[1].jpg

















下胴長で面白顔の小葉ちんもショウドッグのように角度によっては見えるんですからがく〜(落胆した顔)
o0686051511700478346[1].jpg
















下でもカットは難しいです顔(なに〜)
t02200165_0686051511700478347[1].jpg t02200165_0686051511700478347[1].jpg
手先の超器用なクリアの実家のパパだって・・・
難しいっていうんだから私がコツをつかむのには果てしなく沢山の時間が必要ですたらーっ(汗)



















下でも、やっぱり面白顔のこっちゃんです顔(イヒヒ)あせあせ(飛び散る汗)
DSCN7923.jpg

















多分、シジミみたいになっちゃうお目目とマズルの形とブラックマスクが理由かな〜と顔(チラッ)

下間違いだらけのお耳のカットも修正してもらいました手(チョキ)
DSCN7922.jpg
黒目を起点に90度に左右1センチ程度に切る・・・1センチ以上は切ってはダメなようですBad



















初めて体験する猫足カットです顔(笑)

下まずは右足から猫(足)
DSCN7924.jpg



















下そして左足です猫(足)ぴかぴか(新しい)
DSCN7927.jpg
















下3日も実家に居たから夜泣きをするかな〜と心配してましたが・・・・・・
DSCN7929.jpg

















下我が家に戻れば戻るで実家とは別犬みたいに元気に力強くギャンギャン言ってます顔(汗)
DSCN7930.jpg
















私的には安心しまた・・・ 
クリアの実家の父さんはガックシ肩を落とされていると思いますけど失恋




下(クリア)お父しゃん・・・ またママと帰るから安心して待っててなの黒ハート
DSCN7931.jpg






















26日に急きょ福井に出掛けて飛行機
下丸一日会えなかった翌日は皆から、くっつき虫されて大変でした顔(なに〜)
DSCN7938.jpg

















下(小梅)ママ〜 3ワンの中で誰が一番好きでつか〜猫(足)
DSCN7930.jpg



















ポワンとして見えて・・・・・・
下ここ最近は甘ったれの極地にいってしまった小葉ちん もっとアッサリしてたのにバッド(下向き矢印)
DSCN7942.jpg





















下毎晩、腕枕を無理やりさせられるか? 体にピッタンコしてネンネしてますたらーっ(汗)
DSCN7943.jpg
















この甘ったれお嬢さんも・・・・・
下ここ連日、ピッタンコして布団の中で朝までネンネしていますいい気分(温泉)
DSCN7948.jpg




















嬉チッチも無くなったしGood オシッコも完璧に覚えてくれたようですGood

下イイコのクリアなんだもんね〜Helloハートたち(複数ハート)
DSCN7951.jpg





















下しっかり者の長女の小梅
DSCN7948.jpg


















下最近、少し知能が上がった代わりに甘ったれが強くなった次女小葉
DSCN7955.jpg


















この子もなかなかの甘ったれです顔(イヒヒ)
下世界一可愛いポメラニアン三女のクリアに囲まれて・・・ハートたち(複数ハート)
DSCN7953.jpg
今年の年越しと正月をのんびりホッコリ過ごせると思うと嬉しくって寝不足になりそうです顔(ペロッ)






明日は大掃除してHelloぴかぴか(新しい)

ちびっ子たちを風呂に入れていい気分(温泉)

クリアに届けられたお洋服を試着させてみようと思います手(グー)




ただでさえ可愛いお洋服たちが・・・ハートたち(複数ハート)ブティックハートたち(複数ハート)
見たことないくらい小さいサイズに仕上がってて可愛さ倍増です顔(メロメロ)


スタイル抜群なクリアだから何もつけないほうがいいような気もするけど

可愛くって お上品な お洋服を着た姿も可愛いと思います黒ハート




小さな家族たちは私よりのお洋服よりも高いの着ているだんもな〜顔(チラッ)ブツブツ


では、また明日ですHello

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

3ガールズと働く母さんに応援のポチッよろしくお願いします(*・∀・)ノ(*_ _)ペコリ

ニックネーム hanako at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 私日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2989272
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック